あれから10日

 

 

まさかこんな内容で、はてなブログのアプリを開くことになるとは誰も思っていなかったわけで

 

そこにはないはずの「永遠」みたいなものを勝手に錯覚して、結果的にそれが自分の首を締めているような感覚でいます。

 

 

 

今さらこんなこと言っても信じてもらえないとは思うんだけど、5×20が始まったころから、なんとなく漠然とした不安を持つようになりました。

今さらそんなこと言って嘘でしょって言われても仕方ないけど、なんか、なんとなく、いなくなっちゃう気がして、急に不安になってたまらなくなることが増えたのが去年の終わり〜今年の初めだったように思います。

 

なんかあんまり「これから」とか「未来」のことについて話さないなぁとか、そんな些細なことだったよ

でもまあ、20周年だし、アニバーサリーイヤーだし、「これから」のことよりも「今まで」のことにスポットライトを当てたいんだろうなって思ってました。

そういうコンセプトなんだろうな、そういうツアーなんだろうな、っていう

 

 

まあ結果、その勘は当たってしまったのかもしれない。

 

友達に、「20周年のあとが怖い」「どうせいつか終わりがくるくらいなら、自分たちで終わらせたいって言い出しそう」ってLINEを送ったのは、つい最近だったと思います。

 

それでも、テレビをつければ、そこには変わらぬ姿があるから、それは勝手に「永遠」だと勘違いして、勝手に安心してた。

 

 

 

 

あの日から、10日が経った。

 

いろんなニュースを見たし、いろんな芸能人のコメントを聞いたし、いろんな人のツイート、ブログを読んだ。

どの心情も正解だし、不正解だなって思った。

 

 

「再結成を待とう!」は正解だし、不正解

大野智が許せない」も正解だし、不正解

「他の4人が許せない」も正解だし、不正解

「どうせ戻って来ないよ」も正解だし、不正解

 

 

個人的にはそうは思わなくても、そういう感情を抱く人がいることはすごく理解ができてしまうから、心がグラングラン揺れてめちゃめちゃ疲れる

わたしってどんな感じで応援してたんだっけ、忘れそうになる

 

なんか、正解ってどこ???ってなる

何が正解?ファンって何?

 

いま5人のために何ができるのかが全くわからない。正解が本当にわからない。助けてほしい

 

 

「そんなの応援することに決まってるじゃん!」

って声が聞こえてきそうだけど、そうしたら「応援できない人」が不正解になっちゃう

それは違うじゃん

 

「活動休止を発表しない5人」に恋い焦がれてしまうのは、しょうがないじゃんね

 

 

 

でも、こんな頭がおかしくなりそうなくらい気持ちがグチャグチャな状態で、録画していたMステを見直してたら、あ〜〜〜〜やっぱ好きだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってなって、そこに正解が見えた気がしたの

わかんない、本当にわかんないし、言葉じゃ言い表せないし、何が?どういうこと?ってなるけど、あの、Mステでパフォーマンスしてる5人が正解な気がした

 

もしそうなんだとしたら、やっぱり「応援する」ことが、わたしなりの、正解なのかもしれない

 

 

 

「休むという選択肢があっていいのか」

「そんなことが許されるのか」

 

と思ったということは、

 

「自分のわがままで辞めたいと言うのだから、事務所を抜けることで責任を取るしかない」

という思いと同じくらい、捨てたくないものがあるんじゃないかって思った

 

 

それはやっぱりわがままだし、どうしてって思うこともあるし、「モヤモヤした気持ちは無くなりました」ってハワイで言ったのは嘘だったの?って思うし、そのあと3年も経たずに辞めたいって言い出したの?って思ったりもするけど、でも、活動休止は決まってしまった

それは紛れもなく、わたしの大好きな5人が出した結論だった

 

 

だったらもう、望むのは、5人がまた、帰ってくることしかない

 

わたしにとっての未来は、それしかない

 

 

申し訳ないけど、すがるしかない

そうでしか生きられない

 

嵐のいない生活をもう思い出せないわたしは、それを待ちながら、その時に想いを馳せながら、生きていくしかない

 

 

 

 

 

もしかしたら、5人の最後の優しさかもしれないって思う

 

 

「再結成はありますよ!」

「解散じゃないです」

「同じ方向を向いたら」

 

「いつの日か」

 

 

そんな日は、来ないかもしれない

 

5人の、優しくて、優しくて、この世で1番残酷な嘘かもしれない

 

 

それでも、「信じて待つ」ことを、わたしは選びたいし、選べるような人になりたいと思った。

 

心から、「待ってるよ」「信じてる」「ゆっくり休んで」「好きなことして」「個人での活動を充実させて」って言えるような人になりたい、というかなるしかない、ならなければいけない、だってわたしはそういうファンになりたいから

 

 

 

 

 

 

 

来年の年末のわたしへ、どうか死なないでって言いたい

 

多分、世界に絶望して、人生の中で1番本気で死にたいって思ってると思う。活動休止の第一報が流れてきたときのわたしがそうだったから

 

 

生きてればいいことあるよね

そう信じたい

 

 

 

 

5人を信じて、応援したい

 

 

大好き

 

すごくすごく大好き

 

ずっとずっとずっとずっとずっと大好き!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お願いだから解散しないで

 

 

 

 

 

 

オタクはやめるものではないよなぁという話

 

 

どうも。久しぶりにはてなブログ開きました。もともとない腕がさらに落ちてる気がする。

最近、いろいろな界隈のオタクと触れ合っているせいか、オタクについて思うことが増えてきてなんだかモヤモヤが止まらないので、自分の気持ちを整理するために書きます。これに対して批判的な?思いをした人はきっと私のオタクスタンスと合う人じゃないんだろうなと思う。別に自分の意見を押し売りするつもりなんて全くないし、これが正論だろ?ってドヤ顔するつもりもないので。批判はしないでね。めちゃくちゃ豆腐メンタルだから死んじゃう

 

 

結論から言うと、オタクは「やめる」ものではないよなぁと思うんです。

細かくいうと、「オタクでいる」という状況は「やめる」という行為と結びつかない。と、私は思う。

 

まず思い出して欲しいんだけど、今現在何かしらのジャンルのオタクをやっている人の中に「オタクになる」という目的を持ってオタクになった人っていますか?

違うよなぁ。

何かしらのキッカケで、あるジャンルが好きだ。もっと知りたい。いろんなことを見たい。って思うようになって、気づいたらその人・物・事について考える時間が増えて、自分の生活の中にそれが存在する割合が増えてって、気づいたら「あ、私オタクだなぁ」って思う気がする。過程がある気がする。

「オタクになろうとしてなった」のではなく「気がついたらオタクになっていた」なんだと思う。

 

じゃあ逆は?

「オタクをやめよう」と思ってやめる人っているの?

「オタクやめます」って宣言して、やめる人は何?

 

私はジャニオタで、長く嵐のオタクをしてるんですけど、なんか全盛期から今まで嵐のオタクをしてると、まぁいろんなジャンルの人に出会うわけです。

若いグループに担降りする人。フェードアウトしていつのまにかオタクじゃなくなってる人。変わらず応援している人。

どれもその人の自由だし、別になんとも思わんけど、その過程で「もう◯◯くんのオタクやめる」とか「オタクやめたい」っていうやつが大っ嫌いなんですよ。だって結局オタクやめないから、そういう人は。

まあもちろん、本当に悩んでていろんな出来事があって環境の変化があって悩んで悩んで「オタクやめたい」とか「オタクやめる」とか思う人はいると思うけど、そういう人ってTwitterに書くかな?自分の中で葛藤してて、きっと大きな問題だから公にしない気もするんだけど。

 

何度もいうけど、私は、オタクは「やめる」ものではないと思う。

じゃあなに?実際オタクじゃなくなる人だっているよね?

 

それは、オタクって状況は結果論だからだと思う。

気づいたらオタクになって「いた」

気づいたらオタクやめて「いた」

今オタクな人は、オタクになったという状況が続いてる人のことだと思う。…ちょっとややこしく考えすぎかな

 

オタクは「やめる」ものではない。

さっきも言ったけど、じゃあやめる宣言してやめる人は何?ってなる。

でも「やめます」宣言する人は、もうその時点でオタクじゃなくなってるんだよ。

 

担降りします。推し変します。オタクやめます。

そう言って長ったらしい文章をSNSに垂れ流しにする人はよくいるけど、その人はその時点でもうオタクじゃない。きっと「あ、もう私オタクじゃないや」ってどこかで気づいたから「オタクやめます」なんだと思う。まあその宣言を堂々するのは誰得って感じだけど。

 

オタクは「やめる」ものじゃない。=オタクは気づいたらやめてるもの

始まりが突然なら終わりだって突然ですよ。あれ?私冷めてるな?あれ?もしかしてオタクやめてるかも。あ〜〜やめてるわ…………。です。

 

だから「オタクやめたい〜〜」って言ってる人には「うん大丈夫、あなたやめないから」って思うし「オタ卒しよ」って言ってる人には「ハイハイどうせしないくせにね」としか思わない。

オタクって状況は、自分の思うがままになれるものではないし、逆にやめれるものではないよ。

 

構って欲しいんだかなんだかしらないけど、オタクやめたい〜〜って垂れ流すのはあまり意味のないものだよ。ていうかそれに対してみんな何も思ってないよ。多分。一部を除く(って言っとかないとまずい気がしてきた)(別に何も誰も煽ってないからね)

 

 

まあ別に結論とかないけど、なんとなく思ったことなのでまとめて記しておきます。

別に自分の好きに生きたらいいじゃない。応援することに疲れたなら距離おけばいいし、それでもやっぱり必要だって思う時が来れば追えばいいし、逆に何も思わなかったら気づいたらオタクやめれてるよ。気楽に生きようよ。オタクって概念にとらわれすぎ。追いたいときに追いたいもの追えばいいじゃん。

 

 

 

 

てか、オタクやめたいって思ってやめれるもんならとっくにやめてるわ

 

 

試写会のすゝめ <映画「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」完成披露試写会>

 

 

9月25日(月) 東京国際フォーラムで行われた、映画「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」完成披露試写会に参加してきました。

試写会ということもあり、もちろん映画の感想もまだ公にしてはいけない状況なのでブログを立ち上げる予定はなかったんですけど、私は今回はじめて完成披露試写会というものに参加する身であって、かつ、システムをネットで調べても調べてもよく分からず当日を迎えることになったので、今後でてくるであろうそういう人に少しでも役に立てればなと思って、エントリにした次第です。

なので、ここからは試写会までの出来事を時系列に並べたり、私が体験した状況をなるべく細かく書けたらな〜と思います。同じくこの日に参加した人の中でもシステムが違った方もいると思うので、なんとなくでも伝わればなと思っています。

試写会に参加することになってエゴサしてこの記事にたどり着けた方の少しでも役に立てますように!

 

 

9月20日(水)12時:当日5日前

FC枠での当選メールが届く

試写会への応募媒体はたくさんあります。雑誌に載ってる応募券をハガキに貼り付けて応募するものだったり、公式ホームページから応募するものだったり。FCもそのひとつです。番組協力という形で応募し、結果として当選メールをいただくことができました。

そしてこの当選メールには 当選番号 という番号がついていました。

 

 

 

9月25日(月):当日

事前に時間厳守の集合時間がメールに記載されていたので、その時間に余裕を持って会場に到着しました。すると会場にそってなが〜い列があったので、それかな?と思ったのですが、結果それはハガキ当選の人たちの入場列でFC当選集合場所は全然違う場所でした。

ここ注意ですよね!一応最後尾の看板を持っているスタッフもいますが、その看板に記載されてたのは「入場列」みたいな曖昧な感じだった気がする。から、スタッフさんに聞いてみるのが1番いいです!私はこういうのが初めてだったので、とりあえずその辺にいる列案内のスタッフに話しかけて場所教えてもらいました。

 

集合場所に着いてとりあえず時間になるまで待機して、入場。そのあと中の広いスペースで当選番号順に並びました。あ、あと、会場が東京国際フォーラムホールAで広い会場だったので、集合時間が全員同じではなかったみたいです。(30分刻みくらいで当選番号早い順で集合時間も早かったっぽい)

当選番号順に並ぶと書きましたが、これは本当に確実な当選番号順です。入場(といっても建物内に入るだけで実際のホールに入ってるわけではない)してから10番ごとくらいに大雑把に呼び出されて列最後尾に行き、そこから周りの人と確認し合いながら番号順に並びます。

確実な当選番号順 と言ったのは、その並んだ状態で番号順に本人確認があるため変に前後が逆になってたりしたら戻されると思うから。(私の周りではそんなこと全くなかったけど)

 

さて本人確認ですが、当選メールについてくるURLに飛んで「参加します」という参加表明をすると届く もう一通のメール にQRコードが表示されるURLが送られてきます。そのQRコードを、端末を持ったお姉さんが読み込んで(多分その画面にいろんな情報が出てる)こちらが提示した身分証明書と照らし合わせて本人確認完了です。(身分証明書はもちろん顔写真付きのやつだよ)(学生は学生証でいいんだけど、私の学生証は住所が載ってないやつだったから、顔写真付き学生証と保険証を2枚出してオッケーだった)(不安で一応パスポートも忍ばせてたよ)

Twitterを見てたら、この段階で手にブラックライトを当てると光るスタンプ(ディズニーで再入場希望するときに教えもらえるやつだね)を押されたって人がいたんだけど、私は押されなかったんだよな〜。番号早い人(集合時間が早く入場が早かった人)は押されてたみたいなんだけど…この違いに意味があったのかはよく分からないけど、まあ周りみんなそうだったので心配は全くしなかったですけどね。

 

余談ですが、この番号が近かった人たちとめちゃくちゃ仲良くなれていろいろなお話ができたのが楽しかったです!

私はこの試写会、1人で応募して当選したので周りに知り合いがいなくて不安だったのですが、結構そんな人たちばっかりでしたね〜。実際、近くにいた3人と仲良くなってお喋りできたんだけど、全員1人で来てたし、他にもそんな人たち多くて、たまたま近くになった人たちと仲良くなったり喋ってたりしてた人は結構多かった印象。コミュ力高く行こう!ヲタク得意でしょ!?

 

そのまま列が進んでいくと、長テーブルを前にしたスタッフさん2人から、順番に座席記載のカードとポストカード?みたいなやつとフライヤーをもらいました。

f:id:an34mmm:20171015214507j:image

このとき、2人のスタッフどっちから受け取るかはゴタついたので、ここは完全番号順というわけではなくなるような…。あいたところにスッと受け取りに行く感じ。まあだからと言って、私の周りでは大きな席の誤差はなかったです。さっき言った、仲良くなった3人と席を見たときに、受け取るスタッフが同じだった2人は席が隣でした。(2:2で席隣になった)それで列は1列違いだったので、もしかしたらスタッフが連番で列は交互に待っててたのかなぁ?でもこれは推測なのでそのときそのとき、会場やキャパによって変わるとは思います。

あと、私が持っていた疑問として「当選番号と席って連動してるの?」「当選番号が良ければ良席なの?」というのがあったのですが、これイマイチよく分からんのですな〜。枠によっても変わると思います。二宮くんFC枠、公式HP枠、雑誌ハガキ枠、他キャストFC(FCみたいなのあるのかな?あると思うけど)枠とか、それによってどの辺の席とか割り振られてるかんじなのでは…と思ってるけど、どうなんだろう?ただ、番号前後の人たちと席が近かったことを考えると、ガチラン(完全に席がランダム)ということではなさそう。ある程度の塊でランダムってことなのかな?エゴサしてたら自分より全然前に入場してる人が2階席って言ってた(当方1階)からね。これに関しては難しい!ただ、私は当選番号かなり遅めだったと思うんだけど、にしては席が良かった(席が潰れてステージが伸びてくれたからっていうのもある)ので、番号が悪かったから席は悪いな、良かったから良席だろうという確実性は皆無かと。

 

で、いよいよ会場に入ります。すると

f:id:an34mmm:20171015215403j:image

赤で囲った部分の席が潰れて真っ黒なシートがはられていました。このときに、もしやここがメインステージから繋がるステージになってて歩いてくるのでは…?と思って死ぬほど沸いていたのですが、やはり結果ここがレッドカーペットになっていました。

青で囲った部分はお客さんを入れてなかった気がするんだけど…関係者席?とかだったのかな??この両脇にはお客さんがいなかった(テープかなんかで入らないようになってた)と思う。

 

入場してから開演まで1時間とかあったので、それまでは並んでるときに仲良くなって連番になった人とお喋りしたりなんだりしてました。

開演してからは、まずメインステージに張られたスクリーンに映される映画を見て、そのあとキャスト登壇、挨拶・トーク等、一旦はけてから再登場、二宮西畑以外のキャストでウェブ用スチール撮影(ジャニーズはネットNGだからね)、二宮西畑合流して再度撮影っていう流れだったかなと思います。あ、WSで見られたキャストが椅子に座って会場でインタビューされてる様子( (.゚ー゚) 日本初のお笑いエンターテイメント…あ違う! のくだりとか)は事前収録ですね。これは生で見たやつじゃないです。

 

ここからの内容はまあWSとか各種雑誌とかに載ってるだろうし、ただの感想とか備忘録になっちゃってこのエントリの趣旨と変わっちゃうと思うので、このエントリはここまでにさせていただきます。もし見てくださった方がいたら、ここまで読んでいただきありがとうございます。少しはお役に立てたかな?そうだったら嬉しいです。

試写会に行ったことのない身としては当日まで分からないことが結構多くて心配だったので、これを読んだ人が少しでも安心してくれればいいな!

 

ということで、ここでこのエントリは終わりです!退散!

 

※注※

この内容は全ての完成披露試写会等に該当する内容ではないと思います。先ほども述べましたが、会場やキャパによって変更点や全く違う仕組みになっている場合もあるので、これが全てと思わないでください。1つの例として頭の片隅にでも入れておく程度でお願いします。

また、それ書いちゃいけないんじゃない…?とか変なところとかあったら教えてください。ブルブル震えながらすぐ消します。お願い!

 

P.S.

ラストレシピはいいぞ!!ぜひ劇場に観に行ってね!!

 

 

大好きな彼らの26歳の誕生日に ‪ #SMAP26YEARS‬

 

 

まずは、お誕生日おめでとうございます。

 

グループとして26年なんて今の私より6歳も年上だけれど当たり前にそれよりはるかに長い年月を歩いて来た5人は、今日というこの日に別々の道を進もうとしているね。

 

f:id:an34mmm:20170908205020j:image

 

始めから言ってしまうと、やっぱり私はいつまでも5人が5人でいるのを見ていたかったです。

 

ダンスがバラバラだなんて、彼らは言うけれど、5人が揃って立ってスポットライトが当たったステージはどのアーティストよりもかっこよかった。輝いてた。シルエットしか見えないのに涙で視界は揺れていたよ。

 

当たり前に今でもSMAPの曲を聴いてるし、元気をもらっています。いつもありがとう。

でもね、元気が出るのと同時に、もしこれがもう一生、二度と聴くことが見ることができないのかもしれないって考えると、悲しくてたまらないし、つらくてつらくて涙が出てきちゃうよ。あの発表から1年以上経ってるけど、それでもやっぱりまだ無理だよ。

 

スマスマ最終回の世界に一つだけの花は、リアルタイムで見た以来見れてない。

死ぬほど繰り返し見ていたスマスマ5人旅も、バラエティ番組も音楽番組も、発表以降、やっぱり見れてない。

 

あ〜〜ダメだなぁ、言いたいこととかたくさんあるはずなのに、こうやって文章にしようとするとどうしても言葉が出てこないし自分で書いてすごく綺麗事に聞こえる!

 

 

おめでとうって言ってもいいかな?

毎年、記念日をお祝いしてもいいかな?

 

いつまでも、進行形で好きでいていいかな?

 

どうか、許してね。

 

 

しっかり眠れていますか?食事はしっかりとれていますか?

楽しいこと、見つけてますか?毎日笑顔で過ごしてますか?素敵な日々を過ごせてますか?

 

私は、5人が5人でいない世界でも、それなりにそこそこ楽しく生きています。多趣味なおかげで穴を埋めるように毎日を誤魔化したりもできます。

一言で言うと元気です!頑張って毎日生きてます!なんとかやってます!

 

 

 

SMAPと叶えたい夢がたくさんあった

SMAPと見たい景色がたくさんあった

 

 

でも今は、5人がまた揃って笑ってくれないかなって、それだけ

 

未練タラタラな激重元カノみたいでごめんね

 

 

でもどうしても忘れられなくて、大好きで大好きでたまらなくて、もう一度歌が聴きたくて、もう一度ダンスが見たくて、スマスマの流れる月曜日を過ごしたくて、当たり前に流れる5人の映像を笑顔で見たくて、見たくて!たまらないんだ

 

f:id:an34mmm:20170908212803p:imagef:id:an34mmm:20170908212806j:image

 

すごく好きだな、と思う

大好きだなあ

 

考えれば考えるほど、大好きで、一緒にいたくて、会いたくて、5人の笑顔に会いたくて

 

会いたいよ

 

大好きだから

 

大好きだから

笑顔が見たいよ

 

パフォーマンスが見たいよ

 

会いたい

会いたい

 

会いたくてたまらない

 

 

 

あ〜〜〜〜〜〜〜もう涙が止まらないよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ブログを書きたくてスマホを見ているはずなのにその画面が見えないよ〜〜〜〜〜ダメだな〜〜〜〜前向きな5人の背中が遠くなっていくばかりだ

 

きっとこれからも、何回も何回も5人が5人でいる姿を思い描いては泣いて、復活の瞬間を夢見ては泣くんだろうなぁ

 

どうか、SMAPに思いを馳せて泣いてしまう日を許してください。

 

 

 

 

改めて、26歳、おめでとう。

お祝いの気持ちは変わりません。

 

大好きだよ

 

大好き

 

大好きだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!SMAPが大好きだ!!大好き!大好き!!

SMAPが大好き!!!

 

 

 

これからの5人の道に、幸せが降り注ぎますように。

 

 

 

せめてこの願いは叶えてよね、神様

 

 

 

 

それはただ、生まれてきてくれてありがとうの気持ち。

 

 

34歳の二宮くん、はじめまして!

 

 

f:id:an34mmm:20170616140844j:image

 

 

 

(本当に34歳になったのかな……………)

 

 

全ての二宮担が同じ気持ちだと思っています。あの二宮くんが34歳だと…………?時空の歪み…………………………………と頭を抱えているはずです。あの永遠の17歳と呼ばれた彼がもう34歳です。ダ、ダブルスコアやんけ………………

 

未だに信じられません。

二宮くんにも歳を重ねるって概念があるんだって当たり前なことも

彼の年齢から、自分が彼を応援してきた年数を、思い出したかのように感じることも

 

 

いまさら、二宮くんのどこが好きなの?なんて質問されても、もう答えられない。

なんで好きなんかなんてとっくに忘れちゃったよ、なんでか分からないけどすっごく好きなんだもん。

でも、二宮くんのどこが好き?って聞かれたら、その回答が溢れて止まらなくなっちゃうよ。なんたってわたしの二宮くんへの愛を語る口はマーライオンだからね。

 

 

二宮くんの、この1年はどんな1年だったんだろう?

いろんな人と出会えたかな?コンサート楽しかったかな?メンバーにたくさん会えたかな?バラエティは充実してたかな?演技のお仕事はうまくいったかな?いろんなことにチャレンジしたのかな?

先輩とはご飯行ったらしたのかな?後輩からのお誘いはあったのかな?連絡先は増えたのかな?領収書は3枚よりも多くなってるかな?

お休みはどれだけもらえたのかな?たくさんゲームできたかな?パスドラにどれだけ課金したのかな?満足のいくパーティでプレイできてるかな?

たくさん笑ったかな?それとも泣いたのかな?プレッシャーで押しつぶされそうな夜はあったのかな?不安を抱えて迎える朝があったのかな?

幸せだったかな?

 

二宮くんのことを想うと、今まで感じたことのない種類の想いが込み上げてきて止まらなくなって、二宮くんの幸せを、心の底から祈るときがたまにあります。

いつもヘラヘラしてます俺。みたいなスタンスでいるくせに、人一倍プライドが高くて謙遜的で目指す位置は高くて努力家で努力家で努力家で。

そんなこと、もうみんなわかってる。なのになんで、いつまでも努力を見せないで、何にも考えてないよって風を装えるんだろう。

 

こういうところを見ると、二宮くんって本当、すごくアイドルらしくて、やっぱりプロなんだなぁ、と思う。

 

 

 

f:id:an34mmm:20170616143412j:image

真剣な顔で、パフォーマンスに没頭するあなたが好き。

キレッキレなダンスが好き。

ダンスの途中で入れる、緩急つけたアクセントが好き。

 

f:id:an34mmm:20170616143612j:image

その歌声が好き。

高めの歌声が好き。

ビブラートを強めに出すところが好き。

担当することが多い上ハモが好き。

 

f:id:an34mmm:20170616143739j:image

歌ってる時に、眉間にシワを寄せるのが好き。

目を瞑って自分に酔いしれてるのも好き。

苦しそうに、高音を出すのが好き。

 

f:id:an34mmm:20170616143901j:image

櫻井くんとのユニゾンが好き。

というか、この2人が好き。

 

f:id:an34mmm:20170616143942j:image

ときおりおどけてみせるのが好き。

周りの空気を読んで瞬時に自分の役割を見いだし、それがどんな役割でもこなしてしまうとこが好き。

そんな二宮くんを見てメンバーが笑うのを見て、満足そうに微笑むところが好き。

 

f:id:an34mmm:20170616150331j:image

ファンに優しく手を振るのが好き。

意外と愛おしそうな顔してるのが好き。

楽しそうに会場を歩き回るのが好き。

手をヒラヒラ〜〜っとさせて、たまに指をピースにしてヒラヒラ〜〜っとさせるのが好き。

挨拶のあと、ピースした指を折り曲げてみせるのが好き。

 

f:id:an34mmm:20170616202746j:image

ちいさくてかわいい手が好き。

 

f:id:an34mmm:20170616202838j:image

嵐に対して愛溢れるところが好き。

大野くんにちょっかいかけて楽しそうにしているところが好き。

櫻井くんと目があった途端ふざけだすのが好き。

相葉くんをからかったつもりが逆に叩かれたりしてるところが好き。

松本くんを少しお兄さん目線で見つめているところが好き。

 

嵐を誇りに思っているところが好き。

嵐でいる二宮くんが好き。

嵐として輝く二宮くんが好き。

いつでもどこでも、自分は嵐なんだ、アイドルなんだって言い切る二宮くんがすき。

 

二宮くんは、わたしにとって、とても魅力的な人です。

大好きな人です。

すごく幸せになって欲しい人です。

 

いつまでも、幸せでいてほしい。

そして出来ることなら、その姿を、いつまでも見ていたい。

いつまでも、一緒に歩いていきたい。

どこまでも、連れて行ってほしい。

 

嵐と

嵐の二宮くんと

嵐として輝く二宮くんと

いつまでも

 

 

 

f:id:an34mmm:20170616203358j:image

 

 

 

 

二宮くん、お誕生日おめでとう。

そして、生まれてきてくれて本当にありがとう。

 

34歳の二宮くんも、大好きです。

 

 

どうか、34歳の二宮くんに、溢れる愛と、抱えきれないほどの幸せが降り注ぎますように。

 

そして、来年の今日も、

二宮くんのことを幸せな気持ちでお祝いできますように。

 

 

 

34歳の二宮くんに幸あれ!

 

 

 

 

 

f:id:an34mmm:20170616204012j:image

 

 

 

 

他担の民が友達のダイマに負けてSTAGEにおじゃましました

 

 

調子はどうだ横浜ーーーーーーーー!!!!!!

 

 

 

のっけから櫻井翔でごめんなさい。

個人的にJaponismアリツア以来の我らが地元のアリーナ!イエス横浜アリーナ!!

「演出、嵐の影響受けたりしてるから見てほしい!!!」という(多分地球温暖化の手助けしちゃったくらい)熱い熱いダイマをモロにくらい、その張本人である友達(松島担)と連番でおじゃましました。

 

友達にセレクトされた曲を片っ端から聴いて臨んだこともあり、全部知ってる曲でした!!友達すごい!!セトリネタバレしないでこのダイマ力!!!!

そしてその友達から「感想はブログで待ってるよ!」という謎のセリフを送り込まれていたことを思い出し、記憶の新しいうちに書いちゃおうと思って文字を打っているんだけれども…….

 

 

もしかしてこれ、セクゾ界隈に見られる可能性かなり高いのでは…………………???

 

と思い始め、震えが止まらなくなっている。

 

もし今見てくださっているそこのあなたがセクガルさんだったら!先に謝っとく!ごめんなさい!!ほんと知識なんもないから!ただの雑感だから!!なんか、え、この人言ってること違くない?とか思ってもスルーしてください!!!あくまで他担の雑感です!!!!!(大声)

 

 

 

というわけで、一応自己紹介しとくね。

 

 

担当G:SMAP・嵐・ジャニーズWEST

担当:中居正広二宮和也重岡大毅

(ちなみに女ドル・韓国バンドも好き)

 

ジャニーズWESTは好きになったばかりのド新規だけれど、親の影響でSMAPは物心ついた時から、嵐は約10年(やまたろ入りだから永遠の新規だと思ってる)応援しているという、まー重めの事務所ATMです(本望)

ちなみに担降りとかしたことありません。担降り?なにそれ??です。

中学生のときから5.6年?応援して現場に通い詰めたグループがいたり(ちなみにもう解散した)(今は推しのソロ活動応援してる)、高校生でハマりだして今も現場に通う女ドルがいたり。いろいろかじってる…というか食べてます。もぐもぐ

 

そんなヲタクが

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 〜 STAGE

に行って来たよ!!って話です。

温かい目で見てやってください〜!

 

 

 

 

 

 

 

まず会場に着いて思ったよ

 

 

若い

 

 

え〜〜〜〜〜なんかめちゃめちゃフレッシュじゃ〜〜んママと来てる子とかいるじゃんなに可愛い〜〜ひと昔前の嵐だ〜〜〜〜〜〜〜(?)

思ったよりも担当カラーとか、色の主張ほとんどなくてビックリ。最近の若い子はオシャレにチョコンと担当カラー入れたりするのねぇ、へぇ、勉強になる。

でもそれと一緒に私よりちょっと上くらいのお姉さんも多いし、全体的に年齢層は若めだなぁって印象。(連番してきた友達がフォロワーさんと会ったりしてたけど、そのほとんど年下ばっかでマジでビビった)

 

まーそんなこんなで(まとめ方へたくそ)会場入りして席ついて〜〜

全体見渡せる席でとても良きだった!演出見て!!と言われたからには全体くまなく見てやると思ってオペラグラスは持って行きませんでした。

 

 

ペンライトだけ握りしめていざスタート!!

 

…ていうか、しょっぱなからズルくない??

モニターに時刻表示されてるんだけど、開演ピッタリに始まるんだよ!!?必然的に\3!2!1!/のカウントダウンが客席で始まって定刻どうり暗転して\\ギャァアアーーー!!!//だせ????えーなにカッコ良すぎかよ??

 

メンバーがメインステージから出てきたら軽く会場浮いたよね。

もうモニターに自担が抜かれちゃ「かわいい!かわいい!!」って叫ぶ周りのヲタク。いいぞ、かわいいねぇ?そうだねぇ???うん、わかるわかる

 

やべぇ、みんなかっこいい……若いのに落ち着いてる……落ち着いてカッコつけてる……かっこいいじゃんセクシーゾーン…………

 

 

と思ってるうちに、メンバーの煽りにもちょっとずつ応えられるようになってきたり、見よう見まねで振りコピしてみたり、小声でC&Rに参加してみたり。

やっぱりメンバーの煽りに「イエーーイ!」って応えんのめちゃくちゃ楽しい!最高!!!!!!って、思ってた、ら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中島健人「みんなー!輝いてるーー?!?!」

 

 

 

 

 

 

 

私「イエーーーーーーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、いや、ちょっと待って?私、今、…………輝いてる??(真剣に悩み出す)

待って待って、だって多分輝いてな……………<周りのヲタク「イエーーーーーーイ!!!!」>

 

 

 

 

 

 

 

 

まじか

 

 

 

 

 

 

そのあともソロの時に「蜜吸われる準備はできてるか?!」とか「花咲かせてる?!」みたいな煽りかましてきて、この人マジかって思った。(褒めてる)

 

 

 

 

・演出についての感想

 

いや正直、マリオネットはめちゃくちゃ痺れたね〜〜〜あの世界観作りこむのすごいや〜〜純粋にあれどうなってるんだろ…?って思わせてくれた菊池風磨の優勝ですおめでとう(誰)

あと、マリウスが英語でスピーチというか軽いミュージカル風のやつやったときに会場にそって虹色?のライトがバーーットついたの、あれとってもいい。これでペンライトも遠隔操作できたらもっと綺麗そうだなーと思ったけど、友達が「遠隔操作されないメンバカラーのペンライトを、ファンがそのときそのときの場面で変えて会場の色が変わるのがいい」ってつぶやいたの見て、確かにそこは遠隔操作の欠点だよなぁって思ったりもした。

 

「嵐の影響を受けた演出」の面から見ると、

・ネオン街みたいな作りのセット

・ベッドやイスが点々と置かれてそこでパフォーマンスする場面

・マイクスタンドを持ったまま5人が顔を寄せて歌う場面

とかかなぁ、今思い出せるのは。めちゃくちゃJaponismの影響受けてる!!!!!!

私的に、先輩とか他のグループの良いところを盗んでそれを自分たちのグループに還元するとき、丸々マネするのはナシなんだけど、風磨くんはそれを一旦吸収したあとで自分たちなりにそのステージに合わせて演出を組み立てていたのがすごく良かった。

 

ベッドやイスが点々と置かれた中でパフォーマンスするのも、そのあとの自分のソロにきっちりセットを使えるようにしてあったし、

マイクスタンドの演出も、マイクを固定する棒だけにして下の床に置くような部分は無くして、その棒のところが光るようにしてたのが良かった。これが"他のグループの良いところを盗んで自分たちなりに消化してグループに還元する"すごくいい例になってると思う。菊池風磨すげぇ。

 

 

 

 

・メンバーに対しての感想

 

なんであんなに仲良いの???

健人くんのほっぺに両隣から聡マリちゃんがちゅーしたりさ、5人で重なり合って寝そべったりさ、なに、ずるいじゃん(頭抱える)

 

ていうか、皆ふまけんに沸きすぎ。

もうちょーーっと近寄っちゃギャーー!!………って!もう!!わかる!!!!!激しく同意!!!!!!!

風磨くんが、う◯ことか言い出した時に真っ先に止めに行った健人くんに死ぬほど沸いてた会場めっちゃうける、ねー、わかるよー!しんどいよねー!!隣の松島担の友達も逐一ギャアギャア騒いでたしそんなもんだよ、その友達見て微笑ましくて笑っちゃったよ、最高だねぇ、わかるわかる(^-^)(^-^)(^-^)って菩薩の笑みだよ

 

勝利くんが「国宝だよ〜〜」って言いながらトロッコ乗って手振ってるのめちゃめちゃ笑ったし、あの人ほんと顔キレイよね。女装めちゃくちゃ可愛くてしんどい

あ!マリウス(って呼び捨てにするのめちゃくちゃ抵抗ある)、途中で髪型変わった…?登場したとき前髪あげてなかったと思うんだけど、途中でハット被ってから前髪上げてたよね…??それがめちゃくちゃオトコで死んだ…………

 

松島くんに関しては、隣の友達の反応の印象が濃くて…(ごめんよ、友達)

松島くんのソロになったらもー隣ですんごいドキドキしてて、踊り出した松島くん見て泣いてモニターに抜かれた松島くん見て泣いて緑に染まった横アリ見て泣いてた。良かったね、横アリが緑に染まったよ。綺麗だったね。

 

あと、風磨くん。あのね、まじでほんとに生き写しなんじゃないかってくらい櫻井翔だった。

立ち振る舞いも喋り方も進行の仕方とかメンバーへの話の振り方も、煽り方もラップの仕方も。え〜〜櫻井翔なんですけど〜〜〜〜って勝手にしんどくなってた。

あんだけ似る?ってさ、やっぱそーーとーー好きだよね?翔ちゃんのこと。もうリスペクトとか好きとか超えてるよね?好きな人に似ちゃうって言うもんね〜〜かわいいなぁ〜〜〜〜

その翔ちゃんは横アリ見に行ったみたいだし。良かったね!翔ちゃんもなんだかんだ後輩かわいたがりだし、後輩のネタ大好きだから良かったね!所属アイドル同士の交流は大好物です!!

 

そんで〜〜〜〜中島健人くん。

1番引きずってるメンバーです。やばい。健人くんのソロが頭から離れない。あのファンタジーが忘れられない。マジで中島健人は麻薬。

最後の挨拶で1人だけポエム言い出してビビってニヤニヤしてたんだけど、周りのヲタク普通に真剣に聞いて拍手してて、え、これ普通なんだ、ってドギマギしたりもしたけど、中島健人……ほんとかっこよかった……………(白旗)

あの世界観すごいわ、あれ作り出せんのすごいわ。ブルゾン健人が忘れられない。資料バラまいてステージにドヤ顔で立つスーツの中島健人が忘れられない。一瞬のうちに青のキラキラのスーツに着替えた中島健人マジ王子。

 

 

 

 

・5周年という記念の年のツアー

 

挨拶も、今までを振り返ったり、決意表明だったり、特別なものだと感じた。

なーーーーーんていいグループなんだろうね!!何十年先の未来も約束してもらえて、ファンでいることを誇りに思ってほしいって応援している張本人から言われるセクガル羨ましすぎだぞ!!!!!こんないいグループいないよ!!ちゃんと何十年先まで応援するんだぞ?!!?!(泣いてる)

 

5周年って、1番最初の区切りの年だなぁって思うのね。次は10年、15年、って続いていくけど、その前の、いっちばん若くていろいろ苦労して苦労しての5周年。その場に立ち会えて本当に良かったです。きっとファンにとっても、メンバーにとっても、大きな通過点であり、忘れられない、最高の年なんじゃないかなと感じました。

 

 

 

 

・最後に

 

ここまで勢いで支離滅裂に書いてったので、文脈おかしかったりするかもだけど、これが私のSTAGEへの感想です!

私は、自分でも「許容できるアイドルのハードル」が結構高いなぁって思ってるから、セクゾちゃんはかなりの実力者だと!思います!!(誰)

私の中でまず、生で歌わないのは論外。パフォーマンスの力を抜いているのも論外。どこかで中途半端さが見えたらそれも論外。アイドルだからって甘えるのなんてもう無理!!!な実力主義タイプのだいぶめんどくさいヲタクだから、興味のないアイドルは興味ないって言うけど、セクゾちゃんはぜーーーーーーんぜん!!!!最高のアイドルだよ!!というか5周年の時点でこんなに優れてたらこれからどうなるの?!って思うじゃん。最高じゃん。セクゾの未来は明るいぞーーー!!!!!

 

f:id:an34mmm:20170508174815j:image

f:id:an34mmm:20170508174821j:image

 

もしこのエントリを最後まで読んでくれた方がいたら、それは本当にどうもありがとうございました!内容なかったでしょ?知ってる。熱量だけで書き上げました!

心の底から、このツアーに少しでも参加できたこと、とっても嬉しかったです。あの5人の笑顔は、一生みんなが守っていかなくちゃいけないものですね。大切に大切に、支えてあげてください。何様だよっていう意見は受け付けません。支えてあげなきゃダメです。5人をギュッと包み込んであげなきゃダメです。尊い。セクゾ尊い

 

 

Sexy Zoneの未来に、そして、この5人を応援している全ての人の未来に、いつまでも光が灯し続けられますように。

 

Sexy Zone最高!!

この5人のこれからが楽しみだ!!!

 

 

最高の時間を!セクシーサンキュー!!!

 

 

 

 

 

私が嵐を応援している理由

 

 

 

当エントリの注意事項

  • 完全に個人的見解であること
  • 多分、結論は出ないこと
  • ただの『今の自分の思い』であること
  • ときたま言葉遣いが荒いこと

 

 

この前、嵐のファンとして久しぶりに胸糞悪い思いをした(のっけから荒い)。要約して言うと、大野智ランキング事件。直近。

編集がどうのとか音声が切られてるとかネットニュースだとかそういうのは一切置いておいて、TLに流れてきた動画に純粋に腹が立った。真意は分からない。ただただ悔しくて悲しかった。

この感情は「ランキング1位でなにがいけないの?!」ということじゃなくって、「1位になったことをその根拠もなしに全否定された」ということに向いていることは理解してほしい。1位じゃないだろって思うことを否定してるんじゃない。その順位が分かった瞬間に「はぁ?」という態度を取られたことが気に入らなかった。分かる。ジャニーズのアイドルがたくさんの大物アーティストよりも上位に立つことを否とするのは分かる。個人の感情だからそんなの当たり前だし、こっちだって別に1位だ!どうだすごいだろ!へへ!!ってなってるわけでもない。

でもそこには「10代が選んだ」という事実だけは確実にあったはずなんだよ。

それなのに「1人で歌ってるいるのが想像がつかない」とかいう中途半端な理由でリアクションされたこと。

 

悲しかった。

 

ファンを舐めているのか。

 

私たちが「かっこいいから」「人気のあるグループだから」「ジャニーズだから」とか、そんな理由で嵐を応援しているとでも思っているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけねーだろ馬鹿野郎!!!!!!!!!!

 

 

 

そんな理由で応援してるなら、死ぬほど倍率の高くてコンサートが当たらないグループずっと応援してるかよ!!!!!!!!!!

 

 

私の名義なんて7年入ってて1回しか当たってないんだぞ信じられるか?!!?!!

 

 

 

 

 

 

なんなんだよ….会いに行かせてくれよ….….ワクワクまだ….….?ドームツアーまだ….….….….….?????(話が逸れまくり)

 

要するに、ここにいる7年FCに入っているにも関わらずチケットを取れたのは1回だけ(かつ東京ドーム天井)(糞自名義)の今年20歳(女)がいつまでたっても嵐から離れられない魅力が彼らにはあるっていうことが言いたいのである。すでに前置きがグッチャグチャだな。ボキャ貧なので許してくれ。

 

 

世間のイメージでは、嵐=仲が良いみたいな方程式を立つことが多いと思う。実際、ファンとして嵐を見ていても、その点は間違いないと思う。誰だよコンサート前の楽屋で恒例のスイーツタイム楽しんでるの。誰だよグループラインで写真送りあってるの。誰だよ誕生日プレゼントに迷彩ばっかり送りつけてるの。

 

でも、嵐が走り出した当時、またそこからの数年、無理矢理組まされた肩がバラバラになってしまうことも多かったと思う。

 

なんかずっと昔から肩組んでやってきたイメージあると思うけど、感覚としては「別々のクラスでそこそこ仲良かったやつが急にギュッとなった感じ」だよね。(櫻井翔/VS嵐ハワイSP)(要約)

 

以下、NHKハワイドキュメント「15年目の告白」より

 

実は嵐は僕の年齢で25歳くらいまでじゃねーかな?と思ってた。

なんかこう、かみ合っていかないっていうかさ、やれどもやれども…こう…なんつーかな、「嵐」っていうのがこう形づくられるのも時間かかるし、仕事もうまくいってるかっていうとそうでもない。(櫻井翔)

10年続いているイメージがなかった。

やべーな、これ俺ら嵐って名前つけてもらって何か成し遂げたかなぁ…みたいな。(松本潤)

簡単に言うと、もつかなぁっていう感じだった。(櫻井翔)

2002年8月5日 大阪前乗り

夜中1時くらいまでリハーサルやってホテル帰ってからメンバーと話し合った 朝5時まで (大野智、当時の日記)

毎日そのころ朝まで話してるからさ〜、本番中ちょっと眠いときとかあったよね。

嵐のこれからを話しすぎて、今が眠いっていう(笑)(櫻井翔)

 

今の状況を打破するには、今の仕事を全部投げ打って、下克上を起こすしかない、と思ってるんだけどどうかな?っていう話になったの。でもこれは、今の生活もあって仕事もあって、それを全部ゼロにしてっていう意見があったわけ。(二宮和也)

 

2006年くらいから…正直やめようと思った。(事務所を)

この仕事してたらできないことに興味を持ち始めちゃった。…長い休日をとって…とかできないじゃん?でなんかもう…単純に自由になりたいみたいな感じ(笑)

この気持ちのまま、一緒にいれないなと思って、申し訳なくて。すっごい葛藤してた、ずーっと。

その気持ちが落ち着いたのが10周年の時。

(大野智/NHKハワイドキュメント)

 

 

嵐はハワイでデビューして、2002年にはそのハワイでイベントを開催したりもしました。と同時に、そのイベントは、サックスに挑戦する企画で練習をしすぎて、肺に穴が開く「肺気胸」にかかり入院してしまった当時19歳の相葉くんの復帰の舞台でもありました。出発当日の朝に退院しての参加だったため、参加できない企画もありました。

 

激しい運動もできないし、肺に穴が空いてるから。嵐の4人がステージで歌を披露するわけですよ。一番端の方からステージを見てて…4人が踊ってるのを。…なんかもうなんとも言えない気持ちになっちゃって。申し訳ない気持ちと…なんかさ、切ない気持ちと…どうしたらいいか分からなくなっちゃって

病気になったときね、俺、復帰できないと思ったの。もう終わりだと思った。嵐に戻れないかもしれない….。くせになっちゃうから、再発率がすごい高いからって聞いた瞬間に、やっぱり歌って踊ってっていうのが俺ら基本だったから。

 

 

 

15周年のタイミング、嵐はそのハワイで周年ライブを行いました。そのとき、テレビを通して「当時の本音」「当時の出来事」を嵐はたくさん話してくれました。

デビューを華々しく飾った思い出の土地であり、かつ、たくさんのモヤモヤを残した場所が、嵐にとってのハワイだった。ハワイに関する全ての記憶がキラキラしたものじゃなかった。

 

そのハワイに戻ってきた15周年のコンサート、ARASHI BLAST in Hawaii

 

大野くんは「あのときの葛藤とか、モヤモヤしたものは今はありません。」と言って泣いてくれた。

相葉くんは「ずっと5人でハワイのステージに立ちたかった。立ててよかった。」と言って泣いてくれた。

 

 

 

 

私は、泥臭い面を隠して、必死にキラキラと輝き続けようともがく、とてもアイドルらしく王道アイドルの、「嵐」というグループがだいっすきだ。

 

いつも余裕な顔をして、笑顔をふりまいているくせに、その裏の死ぬほどつらい思いなんて見せない「嵐」

謙遜ばかりして5人だけでギュッと固まっちゃって出しゃばらないくせに、実は秘めてる思いはとても熱くて、下克上とか無謀なこと考えて、グループについてたくさんたくさん真剣に考える「嵐」

 

そんなの、どのアイドルも一緒だよ と言われればそれまでだけれど、私が嵐と歩んできた10年弱が保証する。

「嵐」は意外と、ものすごく、とてもとても、泥臭く、人間らしいこと。

 

 

私はやっぱりどうしても、嵐が大好きなんだ。

 

 

嵐のメインボーカル・メインダンサーであり、振り付けも担当して、でもいつもはボーーーッとしてて。なんでこの人がリーダーなの?と言われることも多いかもしれない。でも、メンバーの二宮くんが肉離れ起こしてジャンプアップ登場が難しくなったとき、演出を担当した松本くんの前では頑なに「大丈夫」と強がってたところにフッと現れて、「スライドアップにしよう」って声をかけて妥協しやすい雰囲気をつくる。今の嵐を取り巻く環境について「感謝を通り越した、こんなに恵まれてていいのかなって思う」って涙を流す大野智が好き。

 

真面目な優等生、キャスター、という顔を持つくせに、その手が綴るラップ詩は世間や周りの環境に対してすごく反抗的で。売れなくてもがいている時期に、俺らがトップに立つからついて来いと、「いま居合せる君幸せ この歴史を後世に語れるだろう?」と訴えかる、「MY LIFE IS MY MESSAGE」と、俺の人生は俺からのメッセージだと、ドヤ顔で高らかに言ってみせる櫻井翔が好き。

 

長年、大御所芸人の先輩の隣で番組を盛り上げ、その笑顔と天然さで周りを笑わせるくせに、実は「俺は、楽しいから笑うんじゃなくて、笑っていれば楽しいことがあるんじゃないかと思うから、俺は笑うんだ」って言う、とっても涙もろくて優しくて、弱い自分を何度も何度も奮い立たせてそこに立ち続けてくれている相葉雅紀が好き。

 

演技派で、めったに顔色も変えないし、テキトーに過ごしているように見えるけど、内にある思いはすんごく熱くて、「硫黄島からの手紙」でハリウッドへ行った時も「自分は俳優ではない。普段は歌って踊ってアイドルをやっています。」とアイドルであることにとてつもない誇りを持っていて、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をもらったときも「嵐のみんなも、見ていてくれてるんじゃないな」って、さっきまで緊張していた頬を緩ませる二宮和也が好き。

 

もしかしたら、強面だと思われてたり融通がきかないような、ツンツンした人だと思われてるかもしれないけど、実は嵐の中で1番涙もろくて、コンサートの演出にひとつも妥協はしないくせにどこか抜けてて、嵐5人になるとすごく末っ子の顔をして、ものすごく負けず嫌いでメンバー思いで、嵐のエンターテインメントを牽引してくれる松本潤が好き。

 

 

この5人だから。

「嵐」だから。

 

私はこのグループを応援しているんだと、心の底から叫びたい!!!

 

他の何にも変えられない。「嵐」だから。「嵐」が好き。「嵐」だから好き。「嵐」がいい。「嵐」じゃなきゃ嫌だ。「嵐」じゃなきゃダメなんだ。

 

 

 

これの一個前のエントリで、私はジャニーズWEST重岡大毅くんを好きになったと書きました。

ジャニーズWESTに触れる日々はとっても眩しくて、若さ特有の輝きやそのパフォーマンスを見てトキメクと同時に、どこか嵐と比べ出す自分がいました。

まあ結局、優劣なんてつけられないし、どっちも素晴らしいし、なんなら年齢とか全然違うから比べようにも比べられないんだけど。

 

そのときにね、思ったんだ。あーやっぱり私の基準って嵐なんだなーって。

 

これは別に、どっちが上とかどっちが下とかそういうことじゃなくて。

嵐のときはこうだったな〜、嵐だったらああだったな〜〜って、嵐を振り返ってしまうこと。嵐の存在を思い出してしまうこと。

 

 

 

 

もうここまできた。

 

 

もう今さら変えられない。そんなところまで嵐は私の中に根付いてる。

 

 

 

 

あ〜〜〜〜〜〜私ってもう嵐から逃げられないんだ!!これ以上の幸せないや!!!!!!!

 

こう思わせてくれる、アイドル嵐って最高だな。永遠のオンリーワンだよ。

 

 

やっぱりいつまでも、他でもなく、「嵐」と一緒に、「嵐」という存在で、私はドキドキワクワクしたいし、心拍数がグッと上がっていくのを実感しながら、「嵐」と同じ空間で、泣いて、笑って、叫び続けたいんだ!

そしてきっといつまでも、1番私をドキドキワクワクさせてくれるのは「嵐」で、私が1番声をあげて叫んでC&Rをしたくなって声を届けたくなるのは「嵐」なんだ!!

 

 

 

 

 

結局、惚けしかない、ただの嵐に対する愛を勢いで書いただけになってしまった気がする……

それでもやっぱり、嵐って最高だよね!やっぱ嵐だよね!!好きだよ!!!っていう気持ちは変わらないと思う。

 

私の人生の一部だ。

人生は素晴らしい!!(急に違うネタ)

 

 

 

 

嵐 15年目の告白 ~NHK - YouTube

このエントリに出てきた、嵐が語る「あのとき」の話はこの映像に出てきます。嵐のほんの一部を知ることができるので、ファンじゃない方にも見てほしいものです。