大好物はラーメン。

雑食もぐもぐマン

灰原哀 という女の子





先日、今年春公開の映画「純黒の悪夢」の感想をこちらに投稿しました。その際、灰原哀 という女の子について話し出すと止まらなくなりそうで自粛していましたが、ちょっとやっぱり自分の中で止まらないのでまとめちゃいます。

これ、同じコナン好きな子に話したら「重い」って言われたこともあるのでブログに書くの少し抵抗ありますが…書いちゃいまーす!!

このブログ読んで、ちょっともっといろいろ知りたい!って思った方はぜひコナンに深く触れてみてください。まじで深いから。

* 抜けてる知識など足りない部分があるかもしれませんが、一個人の熱のこもった人がその熱だけで書き上げてると思って大目に見てください…



まずは 灰原哀ってどんな子?っていう単純なところから。

f:id:an34mmm:20160805205205j:image

本名は宮野志保。コードネームはシェリー。

工藤新一を幼児化させた薬、APTX4869(アポトキシン4869)を作った張本人であり、黒の組織の有能な科学者でありました。


宮野志保は幼い頃に両親を亡くし、ずっと唯一の肉親であった姉もまた、黒の組織の一員でありました。その姉、宮野明美は「10億円強盗事件」という事件をきっかけに、組織に抹殺されてしまいます。この事件の敢行を条件に、組織に「自分と妹の志保の組織からの脱退」を約束していたにもかかわらず、ジン(組織の一員で、かなりの大物人物。男。)に銃で撃たれ、そのまま死んでしまいます。

姉の死の理由を組織に問いただしても組織は答えず、志保は真実が語られるまで薬の研究を中断すると組織に反抗。それに対し組織は、志保をしばらく監禁します。そこで志保は、自身が開発したAPTX4869を飲み自殺を図るも、体が幼児化。監禁されていた場所から小さい体でのみ通れるダスト・シュートから脱出し、以前薬を飲ませた工藤新一を頼り、工藤新一邸へなんとかたどり着き、そこで阿笠博士に発見され保護されます。


ここでまず注目すべき点は、APTX4869は人を幼児化させるための薬ではなかったという点です。

率直に言ってしまえば、組織は人間を殺す薬を開発していた、というわけです。そしてこの薬はまだ完成していない。行き着きたい目的は殺人なんですから、当たり前です。そしてその研究途中、工藤新一は運悪く「人体実験」のターゲットとなってしまった。そして、工藤新一がその薬を服用後、志保はその大人の姿で工藤新一邸を訪れた際、服用前にはあったはずの幼い頃の服が無くなっていたことなどから、志保は幼児化後、工藤新一を頼り、その家へ向かったのです。

まずこの、幼児化してしまった状況でその小さな体でただ工藤新一を頼りにしている健気さ。
切なくなってしまう。肉親は誰1人いない。イコール頼れる人がいない。そんな中で、もしかしたら同じように幼児化して、生きているかもしれない工藤新一を頼ってボロボロになりながら雨の中歩き続けるちっちゃな女の子。

そしてその小さな女の子は、灰原哀という名前でコナンと同じ小学校に入学。コナンと同じクラスの隣の席になります。

そして、自分の正体をコナンに告白。

f:id:an34mmm:20160806133547j:image

まだコナンの敵でも味方でも無いっていう立ち位置ですね〜〜見て?このコナンの顔。驚愕。なんたって自分が幼児化した原因の薬を作った女が目の前にいるわけですから。


そしてここから、ちょっと時系列ズレてややこしいんだけど

組織に抹殺された志保のお姉さん、宮野明美の死因となった事件「10億円強盗事件」に実は新一はコナンの姿で関わっていたのです。この事件に関わっていて、かつ、宮野明美の死を見守ったのもコナンだった1人。そのときの様子が掲載された新聞を見ていた灰原哀は、コナンとして生活している新一と再会後、しばらくしてからその新聞に載っていた姉の遺体のそばに立ち尽くす少年はコナンだと気付き、「なぜあなたがいて姉を助けられなかったの!!」と泣きつきます。

姉の死を目撃したであろう少年=コナンと認識できたとき、実は哀ちゃんはコナンと阿笠博士と一緒に、とある事件に関わっていました。そのときやっぱりコナンはその聡明な頭脳であっという間に事件を解決。

このとき。このときにコナンがあのときの少年だと認識。

つまり
「あなたのような頭脳を持った人がお姉ちゃんのそばにいたのに、なのになぜお姉ちゃんの死を止めることができなかったの!!」
です。

あ〜なんて切ないんだろう。
今までこの感情の行き場はなかったのかな。お姉ちゃんは唯一の肉親で。だから自分の気持ちを吐き出す場所ってやっぱりなかったのかな。

この辺りから、少しずつ、コナンと哀ちゃんの関係性が変わっていったように思います。




ある日、学校からの帰り道、コナンと哀ちゃんはジンの車を発見。その車に盗聴器と発信器を付けます。それにより、ある人物の殺人の情報をコナンたちは入手。しかし、その発信器と盗聴器はジンたちに発見され、その車の中に哀ちゃん特有の赤っぽい髪の毛が落ちているのが見つかり、この地域での哀ちゃんの生存が発覚。ピンチが訪れます。

その殺害現場へコナンと哀ちゃんは潜入。そこで、組織の一員であるピスコという男に拉致され、酒蔵に監禁されます。その酒蔵にあった、パイカルと呼ばれるお酒の成分によって特別に元の姿に戻ります。そして酒蔵にあった煙突から脱出を試みる…が、

f:id:an34mmm:20160806212251j:image

ジンに発見され、撃たれてしまいます。

白い雪の上に舞い散る赤黒い血。それを見てジンは格別な高揚感を得ているのが伝わってきました。

何度も銃撃される哀ちゃん
まあ結果、コナンの働きにより助かるわけですが、この事件はかなり大きな事件だと思います。

哀ちゃんの組織に対する恐怖感。が大きく表されていて、それと同時にコナンに対する信頼感が募っていってるのが分かる気がしてならんのです。



  • 徐々に表情が柔らかくなっていく哀ちゃん

初めの方は、本当に感情は無いんじゃないかってくらい真顔だったし、同じ小学校に通う同級生(のちの少年探偵団)の歩美 光彦 元太にも全く心は開いてなかったし、まさに“クールな女の子”って感じでした。

それがちょっとずつ、コナンの優しさやたくましさ、少年探偵団の無邪気さに触れるにつれ、表情が柔らかくやっていきます。

f:id:an34mmm:20160806215926j:image

この切なげな表情!!!!!!
またあのコナンの馬鹿がなんか言ったときでしょう??哀ちゃんにそんな女の表情させるの、コナンだけなんだから!

ただひたすらにまっすぐなコナンに惹かれていく哀ちゃん
とか言って、そう思ってるのあんただけなんじゃないの?って思ったそこのあなた。


f:id:an34mmm:20160806223848j:image

彼女、こんな可愛らしいこと言っちゃうのよ??好きやん?好きやん?????
こんなこと言われて「は?」とか思ってるコナンなんなん鈍感すぎだろ目の前にこんな可愛い子いるのにぃ〜〜


表情が豊かになった分、組織に対する恐怖感もかなり顔に現れるようになってくるのは、見てて悲しい

f:id:an34mmm:20160806230125j:image

哀ちゃんは、組織独特の気配 みたいなものを感じて、心臓がドクンッと跳ねるような描写が多いです。
これは、そこに組織の一員がいる というのが読者に伝わらない場面でも、「組織のメンバーがいる…!」哀ちゃんが震え慄いていたりします。そうするとコナンは「ここに黒の組織がいるのか?!」と、また表情を変えるのです。


まあ?

f:id:an34mmm:20160807221127j:image

今やこーーーんな可愛い顔もしちゃうけどね??いやげろかわじゃね??(号泣)あんど(号泣)


f:id:an34mmm:20160807221221j:image
f:id:an34mmm:20160807221231j:image

哀ちゃんは、とあるサッカー選手が大好きで、そのサッカー選手に熱愛報道が出たときの表情がこれです。
これが放送されたときには、萌えがネット上に広がりました。いやぁ〜かわいい。



  • コ哀

今までの私の文章の中で察したあなた。そう、正解です。

私は コナン×哀ちゃん つまり コ哀だいっっっすきなんす。

新一には蘭ちゃんがいるけど…コナンは哀ちゃんがいいの…ほんとお願いだから分離してよ…ってくらい
これ、思ってる人少なくないよ?だってやっぱり哀ちゃんにはどの登場人物よりも幸せになってほしい。彼女にこれからもずっと笑顔でいてほしい。それには彼が分離するしかないじゃないかぁぁぁぁあぁ

尊いよ、コ哀。まじ尊いから。


f:id:an34mmm:20160807221704j:image
「劇場版名探偵コナン 沈黙の15分」より

こ!の!う!で!!

2人でスノボに乗ってるんだけどね?グラッとバランスが崩れたときにコナンがとっさに哀ちゃんを抱き寄せるの。そんで哀ちゃんがコナンに「ガキが生意気なんじゃない?」

はい照れ隠し〜〜分かってます分かってます

このシーンまじで声漏れるからほんとまじで観て


次。


f:id:an34mmm:20160807222051p:image
f:id:an34mmm:20160807222106j:image

劇場版最新作ですね。
組織との対峙のために走り出したコナンを止めるシーン。行って欲しくないの。コナンに。危ないから。

多分10月とかにDVD出るから観て。とりあえず観て
純黒の悪夢 は観なきゃダメ、、ほんとすごい話だから。コ哀だけじゃなくて、、、





  • 灰原哀という女の子は、やっぱりどこか切ない

灰原哀の、とにかく切ない境遇が少しでも伝わったかしら?

肉親は誰1人いない。頼れる人がいない。いや、実際にはいるんだけど、やっぱり頼ろうとしない。頼れない。

コナンに惹かれてるけど、蘭ちゃんの存在があるから気持ちを押し殺してコナンの背中を押しています。いっつも。そして影で「ばか…っ」って1人でつぶやいてるんです。
哀ちゃんは、蘭ちゃんに助けられたことがあり、また、彼女の暖かな 優しい性格をお姉ちゃんと重ねています。ある意味、姉の面影を追っているような気もします。だから、蘭ちゃんのことが嫌いとかそんなことは全然ないし、恨んだりとか負の感情を持っていることは全くないと思います。


私は、ほんとに、最後の最後でコナンのことを庇って彼女が死んでしまうんじゃないかって不安なんです。コナンを救うためなら命なんていらないなんて思っているような子ですから。
新一を幼児化させた原因は自分。私が彼の人生を狂わせた。くらいのことは思っちゃってるんじゃないかな〜〜って勝手に想像してる。

ふと、消えていなくなっちゃうんじゃないかって思わされるほど、その存在は儚く脆い気がするんです。つい腕をガシッと掴みたくなってしまうような…やってくれ…コナンが哀ちゃんの腕掴んでくれ……



哀ちゃん→コナンの想いしか話してこなかったけど、コナンの抱える哀ちゃんへの想いっていうのも、蘭ちゃんへの想いとはまた違った形の、大きなもののような気がしてならないんです。

やっぱり、蘭ちゃんに対する想いっていうのはどうしても“恋”や“愛”という言葉になってしまうけど、哀ちゃんへの想いは、そんな安っぽいもの(言い過ぎかもしれない)ではない気がする。コナンと哀ちゃんの関係性は“相棒”って表されているけれど、本当にその通りでコナンが思ったこと考えたことを常に哀ちゃんは共有している気がするし、なんならアイコンタクトだけで会話できてしまうような関係性なところがんんんっとなってしまうわけです。私としては。そしてプラスで、ここがくっついてくれれば哀ちゃんは絶対幸せになれるのに…と頭を抱えちゃいます。あぁ尊い。そのもどかしい距離感が尊い。尊い。尊い。本当にコ哀が大好き。

f:id:an34mmm:20160810141415j:image

コ哀の関係性ってまさにこれ。
手を取り合って とか 支え合って とか、そんな綺麗な関係性はいらない。
背中合わせで後ろのことは相手にすべて委ねるような関係性。綺麗じゃなくて脆くて切なくて。あ〜なんなんだこれ。涙止まんねぇ


名探偵コナンに出てくる登場人物のなかで、哀ちゃんには1番幸せになってほしい。すべて決着がついたあと、1番笑顔でいてほしい。素敵な笑顔でいてほしい。つい笑っちゃう そのくらい素で笑える人になってほしい。

哀ちゃんが心から笑える日を。
1番願っています。





これが友達に重いって言われたのさ。フッ